本当にペットショップで買うの?動物たちの悲惨な現実

ペットショップの裏側

みなさんペットを飼うときにどこで犬や猫たちを引き取りますか?多くの人が「ペットショップ」というかと思います。血統書もついていて確かに安心ですが、この子たちがもし買い取り手の飼い主と出会うことができなかった時、犬や猫たち運命を考えたことがある方は意外と少ないように思います。買い手がつかない動物たちは、多くの場合は保健所に連れていかれます。要するに行き場を失い、殺処分されてしまうのです。この現実を知ってもペットショップに投資しますか?

保護された犬たちの現実

保健所というのは単に野良犬や捨て犬を保護している施設ではありません。犬たちにはそれぞれ期限が設けられていて、長くても1週間ほどで順番に殺され、その数は年間に1万頭以上にも上ります。ペットショップはこの状況を助長させかねないのが現実です。弱い立場でもあるペットたちが、人間の都合で殺されていくということはあってはなりません。この問題は社会問題となっていますが、ペットブームからかなかなか解決の糸口はつかめずにいるのが現実です。

ペットたちに幸せな未来を

殺されてしまう運命のペットたちを救う方法は、飼い主が名乗り出るか譲り受けるの2つしかありません。中には野生で生まれ育ち、凶暴化してしまっている犬や、人間を恐れ、怯え切ってしまっている犬たちも少なくありません。しかし、中には人懐っこい犬もたくさんいます。いきなり凶暴化した犬を飼うということも難しいでしょうが、ペットを飼うか検討されている方は譲渡会に参加することをお勧めします。一頭でも幸せに暮らせるよう、皆さんも協力してみませんか。

子猫販売のサービスの良いペットショップにおいては、顧客向けの魅力的なサポートが行き届いていることが人気の理由です。