意外と簡単!?機械式時計の取り扱い方法や注意点をご紹介

機械式時計を長持ちさせるコツ

機械式は内部にゼンマイと言う金属製の板が内蔵されています。ゼンマイは丸められた形に収められている機械式時計の心臓部でもあるのです。丸められた金属製の板は、元の状態に戻ろうとする力が働きます。この力を利用して時計内部の歯車を回転させて時間を刻むと言うのが機械式時計の基本的な原理です。ゼンマイは元の状態に戻ってしまうと歯車を回す力が無くなるため、定期的にゼンマイを巻く事が大切で、このゼンマイを巻く時期などを考える事も機械式時計を長く使うコツの一つになっています。

ゼンマイを巻くタイミングを伝授しましょう

ゼンマイは広がってしまう事で時計を止めてしまいますが、機械式時計を長持ちさせるコツは毎日同じ時間に巻いてあげる事だと言います。例えば、毎朝家を出る時にゼンマイを巻いてあげれば習慣的に行えるのでお勧めです。但し、ゼンマイはあまりきつくなるまで巻いてしまうとゼンマイが切れてしまう事もあります。逆に、もう少し巻き上げる事が出来るのに、中途半端な状態で巻くのを止めてしまうのもよろしくありません。あくまでもきつくなる手前位まで巻き上げるようにするのがコツです。

機械式時計は腕のある職人さんに

機械式時計の調子が悪くなったと言った場合、部品の交換修理が必要な事もあります。時計職人と呼ばれている人が修理を行えば、機械式時計は正確な時を刻んでくれるようになりますが、職人さんを選ぶ場合には腕の確かな時計職人がいるお店を選ぶ事が大切です。また、機械式時計は定期的な分解掃除を行ってあげる事で長く使い続ける事が出来るようになりますよ。例えば、3年に1度の割合で分解掃除を行って貰うと歯車の回転も快適になるのです。

従来の老舗高級時計メーカーと、新興メーカーであるウブロとの最大の違いは、使用する素材にあります。炭素繊維やプラスチックといった本来使わない素材を大胆にあしらう先進性は、他に類を見ません。