屋上緑化のメリットとその設置技術による現状

屋上緑化の目的その歴史

屋上緑化は、簡単にいえば、屋根の上や屋上に植物を植えることで緑を増やすことです。この緑化の目的は、主に建物の断熱性や景観を向上させるために行っています。屋上緑化は、草に覆われた土屋根や屋上庭園、ツタの絡まる外壁など、昔から存在しており、環境問題のために考えだされたものではありません。日本においては、ひょうたんやヘチマの木立の影で涼しさを呼ぶ習慣もあり、極寒の北国では、屋根に草を生やし断熱材としていることもあります。

屋上緑化のメリット!

屋上緑化を行うことで、さまざまなメリットが生まれます。まず、夏の日差しを防ぐことで、ヒートアイランド現象へ対応することができます。断熱性が向上することで建物の耐久性が向上することや防音性を上げられます。また、植物による大気汚染物質の吸収ができ、畑としての利用も可能となります。更に、景観も向上するため、ビルなどの屋上緑化を行っているのをよく見かけます。他には企業のイメージを良くするために行われることもあるようです。

苦情緑化するための技術

屋上緑化を行うための技術で、一番大切なことは防水です。ビニールシートやアスファルト、金属などで確実に防水できることが求められます。もちろん一般的な屋上の防水よりも厳重な施工をする必要がでてきます。また防根も必要になります。植物の根が土を通り越して防水面も貫通してしまうと水漏れが発生してしまいます。コンクリートに根が入り込んでしまうと構造的にも弱くなるため、これを防ぐ必要があります。防根シートなどを利用して必ず防ぎましょう。これ以外にもさまざまな技術が必要になってきますが、しっかりと施工計画を立て建築し、その後のメンテナンスもしっかり行い屋上緑化を行っていきましょう。

屋上緑化は、自然環境を保護するうえで、とても魅力ある取り組みのひとつであり、現在では大手企業を中心に導入が進められています。